リフラクトリーセラミックファイバー(RCF) 適正処理について

RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)とは

シリカとアルミナを主成分(混合割合はほぼ同量程度)とした人工鉱物繊維です。平成27年11月に特定化学物質の管理第2類に位置づけられ、特別管理物質となったため、製造をしたり、取り扱う作業を行う場合、労働安全に伴う規制の対象となりました。

RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)の主な使用用途

アスベストの代替品として使用されている場合が多く、熱がかかるところに使用されていることが多いです。
例えば、窯炉の天井、炉壁の耐火材・断熱材、充填剤、高温状況が必要になる実験用の恒温槽やオーブン、自動車や船舶、建築建材等様々な製品に使用されています。

RCFも、アスベスト同様に適正な処理をする必要があります

→リフラクトリーセラミックファイバー(RCF) について健康障害防止措置が義務づけられます

リフラクトリーセラミックファイバー(RCF) の代表的な製品

リフラクトリーセラミックファイバー(RCF) の製品ごとの主用途

作業別セラミックファイバー粉じんへのばく露リスク

厚生労働省 第2回化学物質による労働者の健康障害防止措置に係る検討会 資料より

セラミックファイバー炉解体時の労働衛生上の注意事項

※使用前のリフラクトリーセラミックファイバー中には遊離けい酸(結晶性シリカ)は存在しないが、1,000℃以上に加熱されたときには、表面の一部が遊離けい酸の一種であるクリストバライトに徐々に変化することが知られている。
遊離けい酸はじん肺症を生じる作用が強いため、窯炉の補修、解体等においては、この粉じんを吸入することがないよう特に注意する必要がある。

RCF、ASWの処理について、お気軽にご相談ください!

処分業 施工実績