産業廃棄物の収集運搬、処分、リサイクルに対応いたします(神奈川、横浜、東京)

代表ごあいさつ

環境方針

基本理念

商標登録第4633804号私たち人間、そしてあらゆる生き物たちの生存基盤である環境が、今、私たち人間の活動から生じる様々な負荷により損なわれつつあります。環境、そして資源は限りあるものです。その大切な環境・資源を現世代の私たちが守り、引き続き豊かな恵みの環境・資源を次世代の者にバトンタッチするため、私たちは環境に配慮して適切に行動する必要があります。

このような考え方を踏まえ、当社は環境保全に責任を持つ一企業として、環境方針を定め、環境マネジメントシステムを構築し、時代に沿って継続的に改善していきます。そして、資源循環型社会の形成に貢献するため、時代のニーズに対応した、リサイクル技術、システムの確立と、施設の充実を計ることをお約束致します。

資源を大切に! FOR NOW AND FUTURE
代表取締役加藤泰弘

行動指針

1. 環境マネジメントシステムの構築
環境マネジメントシステムを構築し、環境への影響を考慮した継続的な改善に努める。
2. 環境関連法規の遵守
環境に関する法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。
3. 環境影響の低減
環境汚染の予防を確実にすると共に、廃棄物の分別強化・リサイクルを推進し、廃棄物再生利用率向上の実施による環境影響の低減を図る。
4. 社内への教育・啓発
社内朝礼・会議を通じて、すべての従業員が環境理念と方針の理解と推進を心掛けるよう、全員の意識の向上を図る。
5. 環境目的・目標の設定及び見直し
環境目的・目標を設定し、定期的な見直しに応じて改定し、この環境方針を達成するために全員で行動する。
6. 社会貢献
社会と環境の調和と共生を目指し、循環型経済社会の構築に努め、広く社会に貢献する。
7. 情報の公開
環境方針、及び優良化評価に必要な情報を、インターネットなどにより外部に公開する。
2015年6月16日
代表取締役加藤泰弘

品質方針

当社は、廃棄物を資源として捉える視点から、廃棄物処理システムの「優先順位」を 1) 廃棄物の分・選別 2) 再使用 3) 再生利用 4) 熱回収 5) 適正処分と定め、この処理システムを徹底することにより、お客様のニーズにお応えし、ご満足を頂戴できるよう常に改善努力し、クオリティーの高いサービスを継続的に提供できるよう、以下の「品質方針」を策定致します。
廃棄物の適正処理・処理システムを遵守し、環境影響の最小限化を図ります。